UWSC基本:HASHTBL 連想配列を作成

uwsc

連想配列の宣言

HASHTBL testAry = HASH_CASECARE
HASHTBL testAry = HASH_SORT
HASHTBL testAry = HASH_CASECARE or HASH_SORT

HASH_CASECARE
 →大文字小文字を区別する
HASH_SORT
 →キーでソートする

連想配列の作成

testAry[“test”] = “あいうえお”
キー=”test”に対して
値=”あいうえお”
を設定します。(以下のイメージ)

test
あいうえお
testAry

値の設定判定

既にキーが登録されているかを判定する方法です。

if testAry["test", HASH_EXISTS] = true then
    msgbox("ありました")
endif

HASH_EXISTS
 →キーが存在する場合、Trueを返す
  キーが存在しない場合、Falseを返す

登録済キー・値の取得

以下で配列に登録された全てのキー・値を取得することができます。

for i = 0 to length(testAry) - 1
	key = testAry[i, HASH_KEY]
	value = testAry[i, HASH_VAL]
next

HASH_KEY
 →キーを返す
HASH_VAL
 →値を返す

連想配列の削除

testAry["test", HASH_REMOVE]

HASH_REMOVE
 →キー、値を削除する
  成功した場合、Trueを返す
  失敗した場合、Falseを返す

連想配列のクリア

testAry = HASH_REMOVEALL

HASH_REMOVEALL
 →連想配列の内容を消去する

関連記事一覧

NEW